函館護國神社 - Home

函館護國神社 Hakodate Gokoku Shrine <人の幸せ、郷土の繁栄、祖国の平和の守り神>

函館護國神社と縁結び

お知らせ一覧

平成29年度戦没者追悼平和祈願祭の斎行

我が国の平和と繁栄の礎となられた英霊に感謝と慰霊の誠を捧げ、平和への思いを新たにする戦没者追悼平和祈願祭が次のとおり斎行されます。
1 主催 函館市連合遺族会
2 日時 8月15日(火)午前11時30分から
3 場所 護国神社社殿

駆逐艦「橘」の慰霊祭の執行

駆逐艦「橘」の元乗組員や遺族の方による慰霊祭が次のとおり執行されます。
 1 日時 7月14日(金)午後1時~
 2 場所 函館護国神社社殿内
 昭和20年7月14日午前5時、青函連絡船及び船舶の護衛の任務に当たっていた駆逐艦「橘」(1,260トン)は、来襲した敵機約100機の襲撃を一手に引き受け、湾内、湾外に勇戦奮闘し、敵機6機撃墜、1機撃破したが、午前6時53分葛登支岬灯台(北海道北斗市)の90度2分に沈みました。乗組員280名中、戦死された方は140名、戦傷者の方は31名でした。

平成29年度例大祭本祭が斎行されました。

5月10日の宵宮祭に続いて、11日に例大祭本祭に約300人が参列して、厳粛な中で斎行されました。神殿での修祓に続いて、神前には酒、魚、野菜等の多くの山の幸、海の幸の御供えがなされました。斎主の祝詞奏上の後、神前に函館楽所による舞楽「胡飲酒」、松前神楽函館連合保存会による「二羽散米舞」、石田盛一様による「江差追分」のほか、花泉舞徳様による日本舞踊「九段の母」が奉納され、戦没者を慰霊いたしました。
 その後、参列者による玉串奉奠が執り行われ、最後に大橋宮司から「例大祭の運営、境内の清掃・整備ではボランティアの方々の応援があってこそで、感謝とともに更なるお力添えをいただきたい」との挨拶がありました。

函館地方隊友会・曹友会の皆様による境内の清掃ボランティア活動

5月7日(日)午前6時から約1時間にわたって函館地方隊友会・曹友会の100名の皆様による境内の清掃ボランティア活動をしていただきました。
 当日は、早朝にもかかわらず、晴天の下で神社境内、新政府軍墓地等の隅々に至るまで草取り、枯葉の除去等の活動をしていただきました。お陰様で境内は見違えるほど綺麗になりました。参拝で来社された方には、清々しい気持ちで御参拝をしていただけるのではないかと思います。隊友会・曹友会の皆様には誠にありがとうございました。
 御奉仕の終了後、参加者を代表して緒方連隊長、笹森隊友会会長による玉串奉奠が執り行われました。

大鳥居に被さっていた松の枝おろし作業が完了しました。

当神社の境内には多くの松の木が植えられており、神聖な境内に相応しい環境となっています。その多くが樹齢150年を超えています。
写真の大鳥居は平成2年の社務所の新築の時期に合わせて建立されたもので、鳥居からは函館市街や津軽海峡の一部を望むことができ、参拝者や観光客の方からは絶景ポイントとして親しまれています。
永年、この大鳥居の両側には、樹齢150年を超えた松の木から伸びた枝が大鳥居の笠木や木鼻の一部に被さっていましたので、4月21日(金)に枝おろしをしてもらいました。写真は作業完了後のものですが、境内からも鳥居越しに函館市街を望むことができるようになりました。皆様の御参拝をお待ち申し上げています。

当神社境内での無料Wi-Fi接続サービスのご案内

無料Wi-Fi接続サービスを開始しました。スマートフォン、タブレット端末などのWi-Fiの受信ができる端末をお持ちの方ならどなたでも無料で利用が可能です。
SSID-gokokujinjya
パスワード-12345678
 接続方法は、ホームページの無料Wi-Fiイラスト(ふくろう)リンクをクリックしてご覧ください。

  • 鳥居と大階段
  • 鳥居と日章旗
  • 鳥居と桜
  • 函館護國神社 本殿
  • なでふくろう
  • 例大祭
前の写真へ
次の写真へ

© 2015 函館護國神社

104784 View